外壁リフォームは、北海道住宅サービスの【札幌外壁相談センター】がお引き受けします。
外壁リフォームなら、札幌外壁相談センター
トップページ > サイディング素材について

サイディング素材について

札幌外壁相談センターでは、金属サイディングNo.1ブランド、アイジー工業株式会社のサイディング素材を使用しています。

 ※外壁サイディングのカラーやデザインはこちらで確認 ⇒「外壁サイディングの種類

外壁材と断熱材をひとつにした 独特のサンドイッチ構造

サンドイッチ構造金属彩でジングは、軽量で断熱性に優れた外壁材です。
雨や雪にも強く、寒冷地に置ける凍害の心配がありません。
その理由は、アイジーオリジナルのサンドイッチ構造にあります。
金属再デジングは、3つの材料の組み合せによる、一体成型品です。




■ガルバ鋼板
耐食性に優れたがルバ鋼板を前奏品に採用
従来の亜鉛めえき鋼板に比べ3〜6倍の寿命が期待できます。
特に、酸性雨、酸性雪で威力を発揮します。


■ポリイソシアヌレートフォーム
断熱性が高く環境に配慮した芯材です

ポリイソシアヌレートフォームと同等の断熱性能を得るためには、窯業系サイディングで約84mm、モルタルの場合は約598mmの厚さが必要になります。


■耐凍害性
金属だから寒冷地でも安心です

凍害は寒冷地などで外壁材が吸収し、凍結と融解を繰り返すことで基材が劣化する現象です。アイジー団エンツサイディングは表面材が鋼板のため吸水がなく凍害の心配がありません。
耐凍害性

■耐震性
軽量で揺れに対する追従性も高いので、建物にも負担をかけません

●軽量性
「ガルバロックi」の重量は、一坪あたり12kgで、窯業系サイディングの1/5程度ですので、建物にかかる地震力を大幅に低減します。

●層間変形追従性
金属彩でジングはかん合部の片側のみを固定する構造となっており、地震時にはかん合部がスライドするため損傷・脱落の心配がありません。
層間変形追従性

■リフォーム
軽量だからカバー工法でのリフォームにも最適

軽量な金属サイディングは、既存壁を撤去しない「カバー工法」に適した外壁材です。カバー工法は自宅に住みながらの工事が可能で、廃材の発生がほとんどないため、ローコストでスピーディなリフォームを実現します。


※その他、詳しくは 札幌外壁相談センターの担当スタッフまでお問い合わせください。
   お問合わせはこちらから ⇒「電話 メールでお問合わせ